海に降る雪


詞:遠藤哲郎
曲:米本浩一

冬の森の奥深く
オオカミたちが鳴いてる
雪は白く降り積もり
頼れるのは月明かり

遥か遠くには何があるのかな
幼い少女はそれが知りたくて
家をとび出した 今朝の朝早く
何かが私を呼んでる気がする

それは少し悲しくて
冷たすぎる物語
きっと誰も結末を
知らないほうがいいんだ

夜の闇とオオカミが
音もたてず忍び寄る
凍えそうな手の平に
そっと息を吐きかける

辺りは見渡すほどの銀世界
その上を滑るように走ってく
SLに乗って少女は旅立つ
その先に何が待っているのか

知らないままで
窓から外を見てる
その向こうに
海に降る雪




月-YUE-



Natsuki ( 歌 )
ジョン  ( ピアノ )

福島県郡山市を中心に活動をしていたが、現在は活動を休止中。

2002年 月-YUE-としての活動を開始。
2007年 大好きなバンドの曲を沢山の人に聞いて欲しいと言う想いから、 地元バンドや弾き語りアーティスト・ツアーバンドのカバー演奏を開始。 様々なジャンルの楽曲をピアノアレンジし、一人でも多くの人に原曲の良さを 伝えようと演奏している。

■OFFICIAL HP■




inserted by FC2 system